イメージ画像

気になる投資顧問会社

投資顧問会社といっても沢山ありますが、私が今一番気になっている会社は 「ムーンライトキャピタル株式会社」です。 女性ではただ1人1000億絵に上のファンドを作った事があるファンドマネージャーとして有名な 竹村尚子さんが代表取締役社長の会社です。

お勧めできる資産運用

ムーンライトキャピタル株式会社という株式会社を知っていますか? そのムーンライトキャピタルという株式会社を知っている人は少ないかもしれないのでありますが、 ここでその株式会社について簡単に紹介しますと その株式会社は東京の千代田区を本拠地にして活動している株式会社でありまして、 その株式会社はおもに金融関連の商売をしているのでありますね。 そしてその金融関連の商売では投資顧問業務や投信委託業務を中心として業務をやっているわけでありまして、 一般の個人の方にはなじみが薄いのかとおもうのでありますね。 そんなここの株式会社でありますが、その株式会社の歴史はといいますと、 これまた浅くてまだ8年しか存在していないのでありますね。 その会社が設立されたのは2003年1月20日だそうでして、 約11か月後の2003年12月に金融庁から投資一任業務の認可を取得しまして業務を開始したのでありますね。 そして業務開始後約5年半経過した2009年6月に投資信託業務を追加登録して現在に至っているのだそうですね。

資産運用会社の歴史について

今投資家の間で運用に関するリスク管理を徹底し独特な運用プログラムで 高い投資効果を上げている会社として話題になっています。 東京都千代田区に本社を構えるこの会社の歴史は2003年1月からと比較的浅いですが、 ファンドマネージャーとして数多くの実績を残している竹村尚子代表取締役社長を筆頭に 優秀な社員の方々が顧客重視の運用方法を提供しており、 今や大手証券会社と比べてもなんら遜色のない会社へと成長しました。 2006年には、預かり資産1,000億円を突破し、世界的な経済不況に陥った2008年にも数々の資産運用術を駆使し、 投資家の信頼をさらに強固なものにしました。 竹村尚子さんは株式会社設立前の2001年には経済誌にて 「世界のファンドマネージャートップ20」の一人に選出され、 それから数々の実績を残して2009年には国際著名人年鑑の一人にも選出されるほど 投資業界の中では知らない者はいないとされるほどの人物です。 これからもムーンライトキャピタル株式会社は7つの企業理念を掲げ 今までの経験を生かしあなたの資産運用を万全にサポートします。

今までとこれから

2001年1月にヘッジファンド会社として設立され、 2003年1月にムーンライトキャピタル株式会社として設立。 同年12月には投資一任業務の認可を取得しました。 期間投資家や年金基金などに運用を提供しながら、2009年6月には投資信託委託会社としての業務を開始。 運用会社として、投資信託のノウハウを個人にも提供しはじめました。 そして、今日2011年1月現在まで、ブティック投信投資顧問会社として、 資産運用ビジネスの実績をいかした安定的かつ機動的な運営を目指す新進気鋭の投信投資顧問会社です。 個性的な金融商品の企画や開発などにも力を入れており、日本における新時代のファンドとしての躍進が期待されます。 顧客との信頼関係を築くことを重要視し、 そのためのリスク管理やタイムリーな情報開示などのニーズに応えることに注力しています。 投信投資顧問会社として、これからますますの反転が期待できる会社なのです。

短くて深い歴史がある会社

ムーンライトキャピタル株式会社は設立されてから大体10年くらいしか経過していない会社です。 だから会社の歴史としては非常に浅いです。 しかし私が思うにここ会社の歴史は短いながらも長いのではないかと思います。 それは何でなのかというと、この会社を設立した社長が会社を設立する前にものすごい経歴を積み上げたからです。 その積み上げたものがある状態での設立なのですからそれもプラスされていると思います。 たとえ20年経過している会社であったとしても会社設立のときにときにはじめてノウハウを知るのであれば それはかなり歴史としては軽いものになるのではないかと思います。 私は会社に大事なものというのは決してその会社の年数なのではなくて、 設立した人がどんなことを今までしてきたかということにあるのではないかと思います。 ぎっしりと詰まった歴史のある会社です。 だから最初からきっと信頼も厚い会社だったのではないかと私は思います。

このページの先頭へ